お絵かきマンガ
− アンパ○マン編 −

Special thanks to Gorieman



〜前回のあらすじ♪〜

ドラ○もんアンパ○マンに殺られた。
その時の怒りが頂点に達し、の○太は伝説の戦士・超サ○ヤ人に変身!
その力で見事、アンパ○マンを倒したのであった。
確かに、それは倒したはずだった・・・だが・・・!!




謎の男 「気を付けるんだ、の○太ッ!!
     奴は・・・アンパ○マンはまだ生きている。
     そんな簡単にくたばるようなヤツじゃないぞ・・・!」
の○太 「ん???キミは一体誰だ・・・・・。」なんじゃこりゃぁぁぁ




ス○夫 「俺だよ・・・助太刀に来てやったぜ!!
      油断するな・・・後ろにアンパ○マンがいるぞ!!」
の○太 「あぁ、気付いていた。
     ヤツの薄汚い気がまだ辺りに満ちているからな。
      しかしお前・・・なんでそんな格好を・・・♪」なんじゃこり




ゴゴゴゴゴゴゴゴ! あはは




アンパ○マン 「チィッ・・・バレていたか。
         せっかく不意打ちをしてやろうと思ったのに、
         惜しいチャンスを逃した・・・。
         クックックック・・・だがな・・・・。」なんじゃこりゃぁぁぁ




アンパ○マン 「今のワタシなら貴様らを軽く始末できる。
         なぜなら、さっきやられるフリをして
         かめはめ波のエネルギーをワタシのカラダに
         吸収させてもらったからなぁ!!」
の○太 「な、なんだって!!!そ、そんな事が・・・。」なんじゃこりゃぁぁぁ




ス○夫 「な・・・なんだとっっ!!
      デタラメを言うな!!ウソに決まってる。」
アンパ○マン 「フッフッフ・・・
         デタラメかどうかは、貴様の・・・
         自分自身の拳で確かめるんだなっっ!!」
の○太 「ス・・・ス○夫・・・(どうするんだ)」なんじゃこりゃぁぁぁ




ス○夫 「野郎ォォォォォォォ・・・・・
      ならば俺の紫炎を・・・受けてみやがれぇぇぇぇ!!
      死ねや、アンパ○マンッーーーーー!」

ス○夫の攻撃、ス○夫は百式・鬼焼きを放った。なんじゃこり




アンパ○マン 「フッ、愚かな・・・・・。
         私は貴様の技はすべて見切っているのだよ。
         天に召されるがいい・・・・ス○夫よ!!」
の○太 「!!!!!
      あ、あぶない!よけろス○夫ーーー!!」なんじゃこりゃぁぁぁ




ス○夫 「うっっ!!!
      今、俺の中にアンパ○マンのオーラが・・・。
      カ、カラダが・・・カラダが言う事をきかない!!」
アンパ○マン 「クックックッ・・・。
         これで貴様のカラダはもうワタシのものだ。」
の○太 「し、しまったぁぁぁ・・・遅かった!!」なんじゃこりゃぁぁぁ




ス○夫 「ぐぼぉ・・・・・・!
     の・・・の○太ぁぁぁぁぁぁあああぁぁぁぁぁぁ!!!」
アンパ○マン 「ハァァァァァァァ・・・
         消し飛べっっ!!なんじゃこりゃーーー!




ズガァァァァァァーーーン!!

アンパ○マンの気によって、ス○夫は粉々に消し飛んだ。
それは跡形もなく、骨すら木っ端微塵であった・・・。なんじゃこりゃぁ




の○太ス○夫ォォォォーーー!!
      なんてことだよ・・・・。
      まさか・・・お前までやられてしまうなんて!!」
アンパ○マン 「クックックックッ・・・・。
         どうした、そんなに奴の死が悲しいか?
         だがな、そう悲しむ事はないぞ。」なんじゃこりゃぁぁぁ




の○太 「き・・・貴様だけは・・・・・・・
      ・・・貴様だけは絶対に許さねぇ!!!
      この身が滅びようと、貴様はこの俺がぶっ潰す。」
アンパ○マン 「フッフッフッフッフッ・・・。」なんじゃこりゃぁぁぁ(゜∀゜)
※都合によ・・・(以下略)




アンパ○マン 「おしゃべりはそこまでだ!!
         今すぐに貴様も楽にしてやるぞ・・・。
         死ねぇぇ、の○太ァァー!!なんじゃこりゃぁ




ズガァァァァ!
アンパ○マンの光速ナックルがもろにの○太に直撃した。

の○太「 な、なにぃぃぃぃぃ・・・・・。
     ば・・・か・・・な・・・なんという威力・・・っ。」なんじゃこりゃぁぁぁ(゜∀゜)




の○太 「だ、だめだ・・・。
      かめはめ波を吸収されたせいで・・・・強すぎるよ。
      ドラ○もん・・・僕もそっちにいくよ・・・・。
      ・・・いいだろ、わかってくれるだろ!?」なんじゃこりゃぁぁぁ




アンパ○マン 「ククククク・・・。
         どうした、もう瞳孔が開いてきたのかぁ!?
         まだオネンネするには早すぎるぜ、んん?」
の○太 「・・・・・・・・・・・・・。」なんじゃこりゃぁぁぁ(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)




アンパ○マン 「・・・・・フッ。
         オイオイ、ホントにくたばっちまったのか!?
         チッ・・・意外とあっけなかったな。
         まぁ、ワタシからのせめてもの手向けだ、
         苦しまずにあの世に葬ってやろう。」なんじゃこりゃ


NEXT!!
続・の○太 VS アンパ○マン

BACK!!  HOME