KOF MAXIMUM IMPACT エンディング



- 草薙 京 デモ -





「 なぁんだ‥‥逃げやがったか 」

「 ――さてと、ホテルに戻るか 」

「 ま!まずい‥‥ユキに国際電話する約束してたんだっけ‥‥ 」

「 約束の時間に間に合わねェェェ―――! 」







- 八神 庵 デモ -





「 逃げるな―――ッ!! 」

「 ‥‥ったく。遊びにしちゃ 度が過ぎてやがる 」

「 今度会ったらこのカリは返してやる! 」







- ソワレ・メイラ デモ -


ハイエナ 「 相変わらず調子が良さそうだな、ソワレ 」

ソワレ 「 ハイエナ野郎か‥‥! 」

ハイエナ 「 フッヘッヘッヘ、なんとでも呼べばいいさ 」

ハイエナ 「 “キング”デュークからだ 」

ソワレ 「 こいつらを倒せば、デュークと会えるんだな? 」

ハイエナ 「 そういうことだ。ただし‥‥!相手に負けるか‥‥ 」

ハイエナ 「 お前の仲間にこの事がバレたら交渉は決裂だ 」

ハイエナ 「 気をつけろ! 」






ハイエナ 「 いやぁ〜、良い働きをしてくれて嬉しいねェ〜 」

ハイエナ 「 どうだい‥‥俺と一緒に組まないか? 」

ハイエナ 「 良いコンビになれるぜ。考えておいてくれ 」

ハイエナ 「 次は、コイツだ 」


ハイエナ 「 ――さっきの話だが、本気だぜ‥‥ 」





ハイエナ 「 いやぁ〜、アンタは強いぜ! 」

ハイエナ 「 次の相手だ。期待してるぜ‥‥! 」





ハイエナ 「 アンタのケンカは惚れ惚れするぜ‥ 」

ソワレ 「 ハイエナ!!分かってんだろうな!? 」

ハイエナ 「 あ、あぁ‥‥アンタの大事な兄貴には近付かねぇよ 」

ハイエナ 「 ‥‥俺を信用しろよぉ! 」





ハイエナ 「 す、すまねぇ‥‥後を尾けられた‥‥ 」

ソワレ 「 !! 」

アルバ 「 どういうことだソワレ? 何か隠し事をしているようだな 」

アルバ 「 口では言えないか‥‥ならばこの方法しかないな! 」





ソワレ 「 たまには兄弟ゲンカもいいんじゃない? 」

アルバ 「 久しぶりにお前の実力、見せてもらおうか 」

アルバ 「 いくぞ!ソワレ! 」



ハイエナ 「 ふ〜っ、一時はどうなるかと思ったぜ‥‥ 」

ハイエナ 「 兄貴に見つかったのは なし って事。いよいよだな‥‥ 」

ハイエナ 「 デュークは旧市街墓地にいるぜ 」

ソワレ 「 ‥‥お前ともここまでだぜ、ハイエナ 」

ソワレ 「 兄貴にちゃんと説明しておけッ! 」





ソワレ 「 待たせちまったかな? 」

ソワレ 「 女の子たちがなかなか離してくれなくて困ったぜ 」

ソワレ 「 さ・て、サッサと決着つけようぜ! 」

ソワレ 「 あんまり遅くなると、兄貴に殴られるからな 」

デューク 「 調子の良いヤツだ‥‥ 」

デューク 「 ハイエナがお前を気に入るのも分かる気がする 」

デューク 「 だ・が!! 俺はおしゃべりな男は嫌いでね! 」

デューク 「 ‥‥永遠に黙らせてやる 」





デューク 「 なかなかやるな‥‥ 」

デューク 「 正直ここまでやるとは思ってなかった 」

デューク 「 しかし‥‥ここからは本気で行かせてもらう 」








「 ハァ〜、兄貴になんて説明するかな‥‥ 」

「 消えちゃいました。‥‥って信じてもらえねぇよなー 」

「 実はデュークはドラキュラだった。コウモリになってバタバタと‥‥ 」

「 ‥‥通用しねぇな 」


「 ハイエナのヤツ‥‥ちゃんと説明しといてくれよぉ 」

「 やっぱ兄貴がいっちばん怖いぜぇ‥‥ 」






- アルバ・メイラ デモ -


ハイエナ 「 もうすぐ相手がやって来る‥‥それからこれは忠告だ 」

ハイエナ 「 闘う相手に負けるか、
       お前の仲間にこの事がバレたら交渉は決裂だ 」





ハイエナ 「 いやぁ〜アンタは強いぜ 」

ハイエナ 「 次の“キング”はアンタで決まりだな 」

ハイエナ 「 ‥‥おっと!“キング”デュークを倒せればの話だな‥‥ 」

アルバ 「 !! 」

ハイエナ 「 おっと!!怒るなよ‥‥俺は真実だけを言ってるだけさ 」

ハイエナ 「 ‥‥次の相手だ 」





ハイエナ 「 素晴らしい!“キング”デュークも喜んでるぜ! 」

ハイエナ 「 デュークからの伝言だ 」

ハイエナ 「 “早く俺の所に来い”‥‥じゃ、伝えたぜ 」





ハイエナ 「 全勝かー!驚きだぜ‥‥!! 」

ハイエナ 「 俺も一口乗っておくべきだったかな‥‥? 」

ハイエナ 「 次の相手だ。期待してるぜ‥‥ 」





ハイエナ 「 次はお待ちかねの相手だ‥‥ 」

ハイエナ 「 フェイトを利用していたヤツ、
       フェイトの待っている地獄へ送ってやりな‥‥! 」



セス 「 フェイトの事は‥‥残念だったな‥‥ 」

アルバ 「 ‥‥見殺しにしたのはお前たちだ! 」

アルバ 「 フェイトを利用するだけ利用しやがって‥‥! 」

アルバ 「 お前たちもデュークと同じだ。許さん! 」

セス 「 説明しても‥‥ムダのようだな 」





ハイエナ 「 ここまで勝ち続けたご褒美に、美女とデートさせてやるよ 」

ハイエナ 「 ‥‥彼女がお相手だ 」



リアン 「 ターゲット確認。こんな所をうろつくなんて‥‥ 」

リアン 「 とんだマヌケね? 」

アルバ 「 あの時の殺し屋か‥‥デュークに飼われてるらしいな? 」

アルバ 「 フェイトを殺ったのはお前か!? 」

リアン 「 ‥‥‥‥‥ 」

アルバ 「 ‥‥YESって事か! 」

リアン 「 フェイトの事は、忘れた方が、アナタのためよ 」





ハイエナ 「 遂に“キング”デュークに会えるぜ 」

ハイエナ 「 その前に‥‥身だしなみを整えてもらう 」





アルバ 「 私が地獄まで道案内してやる! 」

デューク 「 フッフッフ‥‥なかなか良いジョークだ 」

デューク 「 地獄は俺の生まれた所だ。道案内されるのはお前の方だ 」

デューク 「 フッ‥‥格の違いを思い知るがいい‥‥ 」





デューク 「 なかなかやるな‥‥ 」

デューク 「 正直ここまでやるとは思ってなかった 」

デューク 「 しかし‥‥ここからは本気で行かせてもらう 」








「 フェイト!アンタの伝言は‥‥ヤツにちゃんと伝えたぜ 」

「 これで、街もアンタが生きていた時のように‥‥戻せるぜ 」

「 俺とソワレで守っていくから、安心して眠ってくれ‥‥ 」



HOME